雨の日に選ぶべき革靴の特徴 対策を知ってシミや変色、転倒を防ごう

雨の日に履く革靴は汚れやすく、シミになりやすい…と嫌な気分になってしまいがち。

足元が不安定になって、滑ってコケてしまう可能性も…

そうならないように、雨の日用の革靴を準備しておくと安心です。

雨の日に向く革靴の特徴、おすすめの革靴を紹介します。

 

 

雨の日に向く革靴の特徴

ラバーソールの革靴

 

雨の日の階段、ツルツルした床を歩いてコケそうになったことがありませんか?

革靴のソールの違いで、足元の安定感が変わってきます。

 

革靴のソールは

・ラバーソール

・レザーソール

の2種類があります。

 

雨の日に向いているのはラバーソールです。

 

ラバーソールは革靴の裏側がゴムで作られています。

ゴムのグリップ力が足元をしっかり支えて、滑りやすい雨の日でも安心して歩くことができます。

溝がほられていて、歩きやすさとグリップ力を向上させています。

 

一方でレザーソールは革靴の裏側が革で出来ています。

レザーソールはコツコツとした歩き心地が気持ちいいですが、雨の日に履くと滑りやすいので注意が必要です。

ラバーソールのように溝がほられておらず、滑りやすい原因となっています。

 

足腰に不安がある人は雨の日は絶対にラバーソールの革靴を選ぶようにしてください。

 

【関連記事】

【革靴ソールの選び方】レザーソールとラバーソール(ゴム)の違い

関連記事

革靴のソールは2種類あります。レザーソールとラバーソール。それぞれ特徴が異なり、メリットとデメリットがはっきり分かれています。自分にあったソールを選びませんか? まとめ […]

 

 

セメンテッド製法で作られた革靴

 

革靴はいろいろな製法で作られています。

伝統的な職人さんの手で作られるセメンテッド製法やマッケイ製法、安価で大量生産に向くセメンテッド製法などがあります。

 

雨の日に足が濡れにくいのはセメンテッド製法です。

 

セメンテッド製法は革靴のアッパー側(甲革)とソール側を接着して作っている製法です。

しっかりと接着するため、隙間が無いので水が入らない構造になっています。

 

グッドイヤーウェルト製法やマッケイ製法は革靴のアッパー側とソール側を縫い合わせて作っている製法です。

縫い合わせている部分から浸水して足元が濡れてしまうことがあります。

 

革靴の中に雨が浸水して困っている人はセメンテッド製法で作られた革靴を選んでください。

 

 

水に強い加工がされている革

 

革は水にとても弱い素材です。

大量の水がかかってしまうとシミや変色の原因になってしまいます。

 

雨の日に履くと決めている場合、水に強い加工をされた革を使っている革靴を選ぶことをおすすめします。

ガラスレザーやゴアテックス、撥水加工されている革を使っている革靴だと雨の日でも安心です。

 

できるだけ安くすませたい!という人は合皮(PUレザー)の革靴をおすすめします。

合皮はウレタン樹脂のフィルムを貼り付けて作られているので、水をはじきます。

5,000円台で防水と書かれている革靴のほとんどは合皮で作られています。

 

Amazonで合皮の革靴を探す

 

【関連記事】

【綺麗だけども…】ガラスレザーの革靴はやめとけという理由

関連記事

社会人になって初めて買った革靴がガラスレザーでした。しかしガラスレザーの革靴、万人受けはしません。ガラスレザーの特徴、メリットとデメリット、お手入れ方法を紹介していきます。ガラスレザーの革靴を購入する前に、あなたに合[…]

【綺麗だけども…】ガラスレザーの革靴はやめとけという理由

 

 

普段履いている革靴に防水スプレーを使うのもあり

 

雨の日用の革靴は欲しいけど、予算的にちょっと…

下駄箱のスペースも厳しいしなぁ…

と悩んでいる人も多いと思います。

 

普段履いている革靴に防水スプレーを使うのも雨の日対策としておすすめです。

 

防水スプレーの種類はいろいろあり、種類によって特徴が違うので注意しましょう。

急な雨の日に対応するために、防水効果に即効性を求める人はシリコンタイプの防水スプレーを購入してください。

 

 

【関連記事】

【雨の日対策】革靴にかける防水スプレーの選び方と使い方

関連記事

革靴は雨に弱いもの。それでも職業によっては雨の日に革靴を履かなければいけません。雨の日でも安心して履くことができるように防水スプレーをかけませんか? 防水スプレーはシミやムラの原因になるって聞くよ? いろいろな種類の[…]

【雨の日対策】革靴にかける防水スプレーの選び方と使い方

 

 

雨の日用の革靴でも、濡れたら手入れが必要

 

雨の日用の革靴だからといって、手入れが必要ないわけではありません。

  • 革に残っている水気を取る
  • 木製のシューツリーを入れる
  • デリケートクリームで革靴に栄養を与える
  • ローテーションさせ、連続で履かない

これらをしないと雨の日用の革靴であっても、すぐに傷んで使えなくなってしまいます。

 

【関連記事】

【放置厳禁!写真で解説】雨に濡れた革靴のお手入れ方法

関連記事

お仕事で革靴を履いているとどうしても雨に濡れてしまうことがあります。革靴の寿命を延ばすためにも、雨の日に一緒に頑張った革靴をしっかりお手入れしてあげましょう。雨に濡れた時に帰ってからすぐやるべき対処方法、お手入れ方法を紹介し[…]

 

 

雨の日用におすすめの革靴

 

雨の日におすすめの革靴を紹介します。

 

チョイスの条件

  • ラバーソールの革靴
  • 水に強い加工をされている革靴
  • セメンテッド製法で作られた革靴

 

 

ケンフォード 「KB48AJ」

 

 

KB48AJのケンフォード公式HPはこちら

 

 

当ブログでコスパNo.1革靴でおすすめしている革靴、「KB48AJ」です。

ビジネスから冠婚葬祭までどんなシーンでも使えるフォーマルなストレートチップの革靴です。

幅広設計(3E)となっているため、足が窮屈になることも無く、とても歩きやすいモデルとなります。

 

アッパーの革は撥水加工がされていて、水に濡れてもティッシュなどでサッと拭いてあげるだけできれいな状態に戻ります。

 

ケンフォードはあの有名なリーガルの兄弟ブランドです。

リーガルと同じ革を使っているため質が高く、雨の日はもちろん、晴れの日にもおすすめできる革靴です。

 

約10,000円前後で、これ以上良い革靴はほとんどありません。

 

 

【関連記事】

【リーガルの弟分】最強コスパの革靴 ケンフォード(KENFORD)KB48AJの開封レビュー

関連記事

ビジネスで革靴を履くとき、どうせなら質の良い革靴が欲しいですよね?しかし、革靴にそこまで高いお金もかけられませんよね…?よしじゅん良い革質と安さの両立した革靴が欲しいけどあるかな?そんなとき、あの有名なリ[…]

 

 

神戸リベラル 「LB209」

神戸リベラル

 

外羽根式のストレートチップで、こちらもビジネスでは問題なく使用することができます。

合皮で作られているので、価格がとても安いです。

 

晴れている日は合皮特有のテカリ感が出てしまうので、少し気になってしまうかも…

雨の日用と完全に割り切って、とにかく安い革靴を探している人におすすめです。

 

 

雨の日におすすめの革靴 選び方から雨対策まで紹介 まとめ

 

雨の日に向いている革靴選び方を紹介しました。

 

雨の日は革靴好きな人にとってテンションが下がりがちですが、そんな日は雨の日用の革靴を楽しむチャンスです。

雨の日用の革靴を正しく選んで、一日を乗り切ってしまいましょう!

 

 

 

革靴に興味を持った人に読んでほしい記事まとめ

Amazonでお得に買い物をする裏技

Amazonで買い物をするとき、さらにポイントを貯める裏ワザがあるのを知っていますか?

「クレカ払い」や「着払い」決済で買い物すると、実は損しちゃってるんです…

よしじゅん
貰えるポイントはしっかりとゲットしましょう!

 

Amazonのポイントをさらにゲットする裏ワザ

  1. 「チャージタイプのAmazonギフト券」を購入
  2. そのアマギフで買い物する

これだけです。

 

Amazonアカウントに現金をチャージするたびに、最大で2.5%分のポイントが貰えるんです。

一回のチャージ額通常プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
20,000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

チャージしたら、あとは普通に買い物するだけです。

一円も安く購入したい場合は、amazonギフト券をチャージして買い物することを覚えておきましょう。

 

まだ利用していないのであれば、ぜひ活用してください。

公式 Amazonギフト券(チャージタイプ)はこちら

 

  • Amazonギフト券を購入してから買い物するとポイントがもらえる
  • ギフト券購入金額によって変動 最大2.5%のポイント

最大2.5%のポイントバック

Amazonチャージを使ってみる

チャージして購入するだけ!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いに対応

雨の日に選ぶべき革靴の特徴 対策を知ってシミや変色、転倒を防ごう
Twitterで繋がりませんか?