「沈黙のwebライティング レビュー」は単行本と電子書籍(Kindle)版のどちらを買うべきか

ブログを始めた人が最初に読むべき本の代表としてよくオススメされる

「沈黙のWebライティング」

 

こちらの電子書籍(Kindle)を購入したのですが、よしじゅんにとってはちょっと失敗でした。

単行本版か、電子書籍版を購入するのか。

どっちを選ぶべきか紹介します。

 

 

沈黙のWebライティングの内容

 


【あらすじ】

 

あるものを探して潰れかけの旅館「みやび屋」に宿泊することになった世界最強のWebマーケッターのボーン片桐。

 

みやび屋は両親に先立たれた若女将のサツキと弟のムツミが二人で経営しているが、閑古鳥が鳴いていて今にも潰れる直前。

集客にWebサイトを利用しているが、1日に20人も見に来ていない。

 

見かねたボーンが探し物を手伝う事を条件に

・SEO対策

・Webサイトのコンテンツの作り方、考え方

・わかりやすい文章のコツ

などのWebサイト改善策をサツキとムツミにコンサルティングする。

 

その裏で「みやび屋」を潰してサツキの行き場を無くし、自分のものにしようと計画するヤン・タオとその仲間達。

 

果たして無事に「みやび屋」の集客を増やし、経営を立て直すことができるのか…


 

ストーリーで話が進んでいき、各章のまとめで解説が入る構成。

 

話の内容は

・SEOを意識したコンテンツを作るカギ

・「USP」を最大限に活かすコンテンツ

・わかりやすい文章を書くためのポイント

・論理的思考をSEOに結び付ける

・オウンドメディアに必要なSEO思考

・SEOに強いライターの育成法

・バズにつながるコンテンツ作成のコツ

Amazonより

上記の内容をエピソードごとに事例を交えてわかりやすく解説がされていきます。

 

ページ数は632ページとかなり多く感じるが、1ページあたりの文章量はかなり少ないですね。

ストーリー部分はほとんど会話だけで、ちょっと文章の多い漫画に近いイメージ。

サクサク読めて、1ページ10秒もかからないくらい。

デスノートとかコナンの方がよっぽど時間かかるw

 

本の外装やボーン片桐の設定はかなりふざけています。

見た目もおかしいし、持っているノートパソコンの重量が39.9kgとか設定もおかしい。

 

「見る人にわかりやすく」という内容があるためか、キャラクターにもそれを取り入れている様子。

登場人物の全員がキャラが立ちすぎていて、わかりやすい。

ちょっとキャラが濃すぎるんじゃないかな…

 

 

 

電子書籍(Kindle版)を購入してわかった不満点

 

よしじゅんは電子書籍版(Kindle版)を購入したのですが、結構不満点がありました。

 

画面が小さい端末で読みづらい

よしじゅんは通勤時間に読む目的で電子書籍版を購入しました。

 

読もうと思っていた端末はiPhoneSE。

 

ちょっと…あまりにも文字が小さすぎる…

 

原因はこの本の文字が小説や単行本のように文字が活字扱いでは無いこと。

漫画のように画像扱いのため、文字の大きさを調整できません。

 

そのためページをめくるたびに画面を拡大、見終わったら縮小 を繰り返す…

 

むっちゃ不便やん…

 

タブレットやパソコンでは読みやすい大きさですが、通勤には持っていかないしなぁ…

 

結局、休日にどっしり腰を据えて読むことになりました。

 

よしじゅん 悲しみ
よしじゅん
大きいスマートフォンなら大丈夫だと思いますが、
それでも結構つらいと思いますよ…

 

文字の検索やハイライト機能が使えない

 

文字扱いで無いことによる不便なことが他にも。

 

文字の検索やハイライト機能、それ以外にも活字の本で活用できる機能は一切使えません。

 

この本の解説部分は何度も見直したいと思うのですが、

知りたい言葉、キーワードを検索できないことが不便です。

 

どこに書いていたかな〜と思い出して、その周辺をじっくり探す必要があります。

 

検索できたら5秒で見つかるのになぁ…

 

よしじゅん 疑問
よしじゅん

ブログについて書かれている本は、大体文字検索ができないんですよね…

Amazon側は対策しないのかなぁ?

 

ファイルサイズが大きい

 

書籍が漫画と同じ画像タイプのため、ファイルサイズがかなり大きいです。

 

家などのネット環境が整っている場所であらかじめダウンロードしていれば問題無いですが、

外出先でダウンロードをしようと思ったら、かなりの通信量がかかってしまいます。

 

普通の漫画だったら多くて約300ページ。

この本は632ページと2倍以上!

 

ギガ喰うから気軽にダウンロードしづらいなぁ…

 

よしじゅん 怒り
よしじゅん
これも漫画と同じ画像タイプの影響ですね…

 

 

 

電子書籍(Kindle)の方が良い点

 

散々文句を言ってきたよしじゅんですが、電子書籍の方が良い点もあります。

 

電子書籍版の方が値段が安い

Amazonで本を購入する際、基本的には単行本版より電子書籍版のほうが安いです。

 

セールにもよく出てくる本なので、時期によっては半額近くなることも。

単行本版は中古でもあまり安くならないので、費用を抑えようと思うとKindle版一択になります。

 

この記事を書いている時も46%引きになっているので、今がチャンスかもしれませんw

 

よしじゅん 通常
よしじゅん
やっぱり安いってのは大きいですね。お得にゲットしたいですし。

 

単行本は結構重い

 

632ページもある「沈黙のWebライティング」ですが、それだけのページ数が単行本になると当然重たいです。

 

気軽にカバンに入れて持ち運ぶのはちょっと厳しそうですね…

電子書籍版は端末の重さだけなので、負担にはなりません。

 

家で読むにしても、軽いほうが負担が少ないですよね。

 

よしじゅん 喜び
よしじゅん
気楽な体勢で読める電子書籍ってやっぱり便利!

 

 

 

まとめ

「沈黙のWebマーケティング」は単行本版と電子書籍版、どちらにもメリットがあります。

 

・読みやすさ、機能性を求めるなら単行本版

・費用の安さ、携帯性を求めるなら電子書籍版

 

求める方向性によって決めることが1番ですね。

 

 

 

ブログ運営、WordPressテーマに興味をもった人に読んでほしい記事まとめ

最短で結果を出すなら、Wordpressテーマ「THE THOR」

どうせブログを運営するなら、最短で結果を出したいですよね?

よしじゅんは「THE THOR(ザ・トール)」を使って最短で結果を出すことができました。

the thor 画像

 

・SEOに強く、ページ表示速度も国内最高水準

・プロのデザイナーが設計した「美しく・バランスの取れたサイト」がワンクリックで完成

・便利な機能が豊富で、プラグインを追加する必要がない

・プログラミングの知識(CSS)が全く不要

・「無料・無期限・無制限」のアフターフォローもあり、バージョンアップや機能追加、機能改善もすべて無料

一流の開発スタッフ陣が集まって作られた、おすすめの次世代テーマです。

よしじゅん 喜び
よしじゅん
ブログのPV数が右肩上がりになっていくのは本当に嬉しいです!

ブログ初心者には必ずチェックして欲しいWordpressテーマです。

 

THE THOR(ザ・トール)紹介記事はこちら

THE THOR(ザ・トール)公式HPはこちら

Twitterで繋がりませんか?