アイキャッチ Final E500

【Final E500】VRで遊ぶならコレ!臨場感が凄いイヤホン

  • 「VRで遊ぶとき、もっと臨場感を高めたい」
  • 「耳元で囁かれているような音を鳴らしてくれるイヤホンを探している!」

といった悩みを持っている人に、ぜひおすすめしたいのが「Final E500」です。

 

音響工学、音響心理学、空間音響学に基づいて設計されたイヤホンで、約2000円という手ごろな価格で購入できるのにエグいほど臨場感が味わえます。

よしじゅん
正直、最初は半信半疑で使ってみましたが、評価が良い理由が聴いた瞬間にわかるイヤホンです。

本記事は「Final E500」を実際に使ってわかった良かった点、イマイチな点や注意点を紹介します。

 

 

スポンサードリンク

「Final E500」の外観レビュー

今回紹介するのは「Final E500」です。

Final E500

機能 特徴
イヤホンのタイプ カナル型
重さ 15g
ケーブルの長さ 1.2m
ドライバー 6.4mmダイナミック型
感度 98dB/mW
インピーダンス 16Ω
イヤーピースのサイズ 5サイズ(S、SM、M、ML、LL)

 

「Final」は日本の神奈川県にあるイヤホン、ヘッドホンのメーカーで、手頃な価格のイヤホンから高級ヘッドホンまで数多く手がけています。

Eシリーズは音の方向性、臨場感に特化したシリーズで、その中でもE500は最廉価モデルになります。

IMG_6468

 

裏面にはスペックが記載されています。

IMG_6469

 

カナル型のイヤホンで、ブラックのみのシンプルな外観です。

IMG_6472

 

とてもわかりにくいですが、イヤホン部に型番とL/Rを見分ける表記があります。

IMG_6474

 

プラグ部はL字になっています。

IMG_6471

 

イヤーチップは最初から付いているものを合わせて5サイズあります。

元々付属しているのは真ん中のMサイズです。

IMG_6475

IMG_6477

 

イヤーチップを外すと6.4φダイナミック型ドライバーユニットが見えます。

IMG_6478

 

反対側にはFinalのロゴマークが書かれています。

IMG_6480

 

収納時にイヤホンの左右がバラけないようにまとめるクリップがついてます。

IMG_6481

 

エージングはできればしたほうが良い

メーカーや人によって意見は様々ですが、Final公式としてはエージングを推奨しています。

本製品については、小口径である為、エージングの変化がわかり難くなるまでに長めの時間が必要です。概ね150~200時間程度、通常の使い方を続けて頂けましたら、繊細さが増したと感じられる筈です。
引用元 Final公式サイト

よしじゅん
感覚的な話ですが、2ヶ月ほど音楽やゲームで使い続けて音が馴染んでクリアになりました。

とはいえ、VR用であれば音質より臨場感に重点を置くので、エージングにそこまで力を入れる必要がないかもしれません。

エージングはあまり気にせず、普通に使い続けて「おっ、耳に馴染んできたかな?」と楽しむくらいで十分かと思います。

 

スポンサードリンク

実際に使ってわかった良かった点

「Final E500」を実際に使ってわかった、良かった点を紹介します。

・音の方向、距離感が明確にわかって臨場感がエグい
・VR機器に沿わせてスッキリ配線できる

 

音の方向、距離感が明確にわかって、臨場感がエグい

「Final E500」は音響工学、音響心理学、空間音響学に基づいて設計されたイヤホンなだけあって、実際に使ってみて臨場感の凄さを実感しました。

ASMR音源を聴くと、本当に耳元で音を出されているような感覚になってゾワゾワします。

 

臨場感が良いのでVRにうってつけのイヤホンで、Oculus Quest(Meta Quest)と一緒に使うと没入感がハンパないです。

FInal E500

 

Final公式サイトにもOculus Questと一緒に使われることを想定した画像が載っています。

190822_final-WEB_img_E500_gallery_15

画像引用元 Final公式サイト

 

実際にVRChatで遊ぶときも使っていて、

  • どっちの方向から音がしているのか
  • どのくらいの距離感で会話をしているのか

といったことが現実世界での会話と同じようにはっきりわかります。

VRChat バーチャルマーケット

よしじゅん
会話に没入できるので、コミュニケーションを取るのが楽しいですね。

 

「Gun Club VR」で遊ぶ時も構えた銃の発砲音、ボルトアクションやチャージングハンドルを引いた時の「チャキン」という音がリアルに伝わってきます。

Gun Club VR

 

ゲーム世界への没入感も間違いなく上がるので、気分が上がりますよ。

 

注意点として、音質については価格帯から考えると十分良いですが、めちゃくちゃ良い!というほどではありません。

ビートセイバーなど、臨場感より音質を重視する場合は他のイヤホン、ヘッドホンでも良いかもしれません。

IMG_1661

よしじゅん
あくまで高級イヤホン、ヘッドホンと比べた場合の話で、約2000円で買えるというコスパを考えると十分すぎる良いイヤホンです。

 

スポンサードリンク

L字プラグかつ柔らかいケーブルで、VR機器に沿わせてスッキリ配線できる

「Final E500」は機器に接続するプラグがL字になっていて、配線をスッキリさせることができます。

Final E500 L字プラグ

 

特にVR機器と相性が良く、「Oculus Quest(Meta Quest)」の本体に沿って配線できるので、腕を動かしても引っ掛けることがありません。

Final E500 L字プラグ

 

太めなケーブルですが、柔らかく動くので配線しやすいのもグッドポイント。

Final E500 L字プラグ

 

VRを楽しむとき、没入感を損なわないイヤホンなので本当に重宝しています。

 

「Final E500」実際に使ってわかったイマイチな点、注意点

「Final E500」を実際に使ってわかったイマイチな点、注意点を紹介します。

・イヤホンの左右表記が見にくい
・タッチノイズが発生しやすい

 

イヤホンの左右(L/R)表記が見にくい(対策あり)

「Final E500」はイヤホン本体にL/R表記がありますが、明るい部屋でギリギリ認識できるレベルでぱっと見ではまず見分けられません。

 

Final公式サイトで綺麗に撮られた写真ではわかりますが、肉眼ではめちゃくちゃ見にくいです。

190822_final-WEB_img_E500_gallery_06

画像引用元 Final公式サイト

よしじゅん
トイレ休憩から戻ってきて、再びイヤホンを装着するのに手間取るのが面倒くさいですね…

 

対策として、イヤーパッドの色を覚えておくことで、サッと認識できるようになります。

IMG_6476

よしじゅん
私はイヤホンの左側にカラー付き(赤)、右側にはカラー無し(グレー)で見分けるようにしています。

 

体を動かしたとき、タッチノイズが発生する(対策あり)

「Final E500」はカナル型イヤホンのため、ケーブルに体が触れた時のザッというタッチノイズが発生します。

タッチノイズはカナル型イヤホンの宿命ですが、対策としてケーブルを短く結ぶことでケーブルの擦れが少なくなってノイズを減らせます。

FInal E500

 

マジックテープでコードを束ねるとさらに発生する機会が減るので、使い勝手に支障を及ぼさない範囲でイヤホンのケーブルを短くして運用してください。

 

まとめ

本記事は「Final E500」を実際に使ってわかった良かった点、イマイチな点や注意点を紹介しました。

 

音の臨場感が凄いイヤホンで、約2000円で買える値段を考えるとコスパの良さがエグい。

よしじゅん
VRやASMR用として用意する価値は、間違いなくありますね。

もちろんオーディオ沼に使っていない人であれば、普段使いのイヤホンとして使うのも全然ありです。

私と同じようにVRで遊ぶことが多いなら今すぐポチってください。

 

関連記事

快適なVR生活を送りたい、よしじゅんです。 Oculus Quest(Meta Quest)を使って楽しんでいますが、音が良くなればもっと楽しめるんじゃないかな?と思い、いろいろなイヤホンを接続して試して見ました。 「VRす[…]

Oculus Quest イヤホン

【初回限定】
Amazonギフト券2,000円以上の購入で
200ポイントもらえるキャンペーン

キャンペーンエントリー後に対象のAmazonギフト券を2,000円以上購入すると200ポイントがもらえます。

Amazon公式サイトでエントリーする

キャンペーン詳細(対象ギフト券)は以下になります。

もらえる条件 キャンペーンにエントリー後、
対象ギフト券を同一の注文で2000円以上購入
対象者 Amazonギフト券を初めて購入する人
キャンペーン期間 2021年2月1日 〜 終了日未定
ギフトカードの種類 Eメールタイプ
印刷タイプ
商品券タイプ
封筒タイプ
グリーティングカードタイプ
ボックスタイプ
よしじゅん
エントリー前に購入した場合、ポイントがもらえないので注意してください。
スポンサードリンク