ゼブラの「ブレン」をレビュー ジェットストリーム、フリクションと徹底比較

ゼブラが新しいボールペン「ブレン」を発売しました。

セールスポイントは書き心地。低価格帯でデザインにもこだわっているボールペンです。

ブレンの特徴、他社ボールペン(ジェットストリーム、フリクション)と機能、デザイン、金額を比較した結果を紹介します。

 

ブレンのまとめ

  • 書き心地はジェットストリーム
  • デザイン、静音性はブレン
  • 価格はブレンとジェットストリーム、ともに同じ
  • フリクションは比較対象にならなかった

 



ゼブラのボールペン ブレンの特徴

 

 

ブレン

「ストレス」にこだわった気持ちの良い書き心地

ペン先と紙が触れたときの振動(ブレ)が無い

 

ボールペンで文字を書こうと思ったとき、ペンと紙が触れるときにほんの少しだけズレる感覚がありませんか?

 

ゼブラはそのズレに潜在的筆記ストレスがあると考え、ズレる感覚が無いボールペンを作りあげました。

ゼブラ ブレン

 

ペンの先がインク芯をがっちりとホールドして、全く動きません。

写真ではわかりにくいのですが、ペン先とインク芯がぴったりとくっついています。

ブレン ペン先

 

ペン先を手でもって動かそうとしても、ピッタリとくっついていて動きません。

 

 

重心がペン先にあり、筆記時にブレにくい

低重心のペンは製図用など高価なタイプが多く、安価なシリーズにはあまり採用されません。

 

トンボ鉛筆 水性ボールペン ZOOMやシャープペンになりますが、グラフギアシリーズが低重心です。

 

しかしブレンは重心がかなりペン先にあり、価格帯ではめずらしく低重心です。

低重心なことで書く時の重心が安定し、次の文字にうつるときのブレが少なくなります。

 

滑らかな書き心地のエマルジョンインクを採用

エマルジョンインクは別名油中水滴型インクと言われています。

水性ボールペンと油性ボールペンを足して割ったようなインクで、書き心地が良く、にじみにくい特性があります。

 

使い勝手の良いインクを使用していることで、ほとんどのシチュエーションで使うことができる万能ボールペンとなっています。

 

 

シームレスなデザイン

 

ブレンは継ぎ目のない、スタイリッシュなデザインです。

デザインオフィスnendoがデザインした男性でも、女性でも使うことのできるボールペンです。

 

ゼブラ ブレン

出典 ゼブラ公式HP

 

グリップも本体の色と統一して、一体感のあるシルエットです。

ブレン 5色

出典 ゼブラ公式HP

 

ボールペンは女性受けの良くない無骨なデザインが多く、おしゃれな女性にはあまり好まれません。

ブレンは職場に使っていて栄えるデザインのため、事務作業が多い女性でも使いやすいボールペンです。

 

 

 

 

高い静音性

 

とても静かな会議の時は、できるだけ音を立てたくないですよね?

 

ブレンは各パーツ間の隙間をできるだけ無くし、音の発生しにくい設計になっています。

書く時だけでなく、持ち運びやペン先を出すノック時にも音がしにくくなっています。

 

ブレンは静かな会議中でも安心して使うことのできるボールペンです。

 

 

価格がリーズナブル

 

  • ブレが無く、良い書き心地
  • 低重心
  • デザイン性にこだわったシームレスデザイン
  • 高い静穏性

これだけの性能にこだわって作っているボールペン、結構いい値段がすると思いませんか?

 

ゼブラがこだわって作ったボールペン、驚きの安さです。

公式HPの価格は 150円+税

 

替芯は1本あたり100円+税となっています。

 

 

ブレンを他社ボールペン(ジェットストリーム、フリクション)と比較

 

ビジネスでよく使われるボールペン、ジェットストリームとフリクションを相手に比較していきます。

 

ボールペン 3種

 

 

書き心地を比較

 

ブレン、ジェットストリーム、フリクションの書き心地を比較していきます。

芯の太さはすべて0.5です。

 

コクヨのC356Nに書いていきます。

コクヨ

 

文字、線を並べてみた結果がこちら。

書き比べ

字が汚いのはご容赦ください。

 

字が滑らかにかけるランキングは

  1. ジェットストリーム
  2. ブレン
  3. フリクション

 

ブレン、ジェットストリームはどちらも滑らかな書き心地でした。

あえて甲乙つけるなら、ジェットストリームのほうが滑らかでした。

 

フリクションの書き心地は良くありません。

少し紙に引っ掛かる感覚があります。

インクが広がる影響で、文字が太く感じられます。

 

デザインを比較

 

ブレン、ジェットストリーム、フリクションのデザインを比較していきます。

 

デザインのランキングは

  1. ブレン
  2. ジェットストリーム
  3. フリクション

 

ブレンのデザイン

 

まずはブレンから。

ブレン

 

ロゴマークが刻印されているだけのシンプルなデザインです。

ブレン 写真

とてもスタイリッシュなデザインです。

 

男性でも、女性でも使うことのできるシンプルなデザインです。

 

問題点がひとつだけあります。

インクの残量が一目でわからず、解体する必要があることです。

ブレン 解体

 

ジェットストリームのデザイン

次にジェットストリームのデザインです。

ジェットストリーム

白と黒のモノトーンで作られています。

 

ブレンと比べると、少し男性的なデザインです。

 

ボールペン中央の透明になっている部分、男性は好きな人多いんじゃないでしょうか?

トータルすると、ブレンが優勢です。

 

フリクションのデザイン

次にフリクションです。

フリクション

 

一色で統一されています。

 

フリクションのデザインには致命的な弱点があります。

商品説明がプラスチック部に印刷されていて、消すことができない点です。

フリクション 印字

ブレンやジェットストリームはシールで商品説明が書かれているので、はがすだけで大丈夫なのですが、フリクションはそうはいきません。

 

良いデザインとは言えないですね。

 

静音性を比較

 

ブレン、ジェットストリーム、フリクションの静音性を比較していきます。

比較方法はペンを振って音が出るかどうかです。

 

静音性のランキングは

  1. ブレン
  2. ジェットストリーム
  3. フリクション

 

ボールペンをノック前で比較

ブレンとジェットストリームはどちらも音がしません。

 

フリクションはノックする部分からカタカタ音がします。

フリクション ノック部

この時点でフリクションは脱落。

 

ボールペンをノック後で比較

 

ノックして芯を出した後に違いが生まれました。

 

ブレンはノック後も音が全くしません。

ジェットストリームはノック後にカタカタ音が発生しました。

ジェットストリーム ノック部

 

この結果から静音性はブレンが一番優れていることがわかりました。

 

価格を比較

 

ブレン、ジェットストリーム、フリクションの価格を比較していきます。

 

比較方法は公式HPの希望小売価格から。

 

商品名価格
ブレン150円+税
ジェットストリーム150円+税
フリクション230円+税

 

ブレンとジェットストリームは同じ価格です。

フリクションは少し高くなっています。

 

Amazon、楽天での金額は下のリンクから。

 

 

ブレンが気に入ったら、ブレンアンバサダーに登録しよう

「ブレンアンバサダー」に登録しているよしじゅん。

bLenアンバサダー認定証

応募者全員プレゼントキャンペーンに参加して、ゼブラさんから限定カラーのブレンを頂きました。

限定カラーは紺のような青みを帯びた色です。

ブレン 限定カラー

 

「ブレンアンバサダー」とはブレンの魅力を一緒に伝えていこうとするユーザーの集まりです。

個人、法人登録することができて、特典を受けられます。

  1. 認定証の発行
  2. メルマガの購読
  3. 新製品情報

また、今回のように新商品をもらえるキャンペーンなどが行われています。

 

みんなで魅力を伝えていこう!という試みっていいですよね。

自分が気に入ったものを紹介していこう!という「よしじゅんブログ」とぴったりです。

 

気になった人はこちらのブレンアンバサダーのHPから

bLenアンバサダー募集中

ゼブラと一緒にbLenの魅力を伝えてくださる方々を募集します。…

 

 

ゼブラの「ブレン」を他社ボールペンと徹底比較 まとめ

 

ブレンはジェットストリームに対抗して作られたのだとよくわかりました。

どっちを使うかは正直、好みです。

 

フリクションは比較対象にならなかったです。

用途が別なので仕方ないところでしょうか。

 

ボールペンに何を求めるかで判断することが一番だと思います。

 

 

よしじゅん
書き心地重視でジェットストリームを継続して使おうと思っています。

 

【2019年8月追記】

よしじゅん 驚き
よしじゅん

いつの間にか、ブレンを無意識で手に取ることが増えました。

やっぱり、地味なストレスが無いブレンっていいんだなぁ…と実感

 

 

合わせて読みたい

【フリクション ボール3 ウッド レビュー】高級感溢れる木製グリップの消える3色ボールペン

関連記事

ビジネスに欠かせない消せるボールペン、フリクション。使い勝手は素晴らしいのですが、ちょっと見た目が安っぽくないですか?営業先で使うには、ちょっと恥ずかしいタイミングがあるんですよね…高級感がある3色フリクションを探し[…]

フリクション ボール3 ウッド

 

【2019年8月更新】アラサー男子がAmazonで買ってよかったものを紹介

関連記事

ほぼ毎週Amazonで何かを購入しているよしじゅんです。2010年からAmazonを使い続けていますが、本当に買ってよかったものを紹介します。随時更新していくので、好みが一緒だな~と思ったら定期的に覗いていただけると嬉しいで[…]

 

 

Amazonでお得に買い物をする裏技

Amazonで買い物をするとき、さらにポイントを貯める裏ワザがあるのを知っていますか?

「クレカ払い」や「着払い」決済で買い物すると、実は損しちゃってるんです…

よしじゅん
貰えるポイントはしっかりとゲットしましょう!

 

Amazonのポイントをさらにゲットする裏ワザ

  1. 「チャージタイプのAmazonギフト券」を購入
  2. そのアマギフで買い物する

これだけです。

 

Amazonアカウントに現金をチャージするたびに、最大で2.5%分のポイントが貰えるんです。

一回のチャージ額通常プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
20,000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

チャージしたら、あとは普通に買い物するだけです。

一円も安く購入したい場合は、amazonギフト券をチャージして買い物することを覚えておきましょう。

 

まだ利用していないのであれば、ぜひ活用してください。

公式 Amazonギフト券(チャージタイプ)はこちら

 

  • Amazonギフト券を購入してから買い物するとポイントがもらえる
  • ギフト券購入金額によって変動 最大2.5%のポイント

最大2.5%のポイントバック

Amazonチャージを使ってみる

チャージして購入するだけ!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いに対応

ゼブラの「ブレン」をレビュー ジェットストリーム、フリクションと徹底比較
Twitterで繋がりませんか?