アイキャッチ M750,M650,M550 比較

LogicoolのM750・M650・M550の違いと選び方をパターン別で紹介

LogicoolのマウスSignatureM750・M650・M550ですが、兄弟機なだけあって違いがとてもわかりにくいです。

あなたが迷う時間を少しでも減らせるように、違いを一覧表でまとめました。

フローチャートであなたが選ぶべきモデルを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

スポンサードリンク

機能の違いを一覧表で比較

Signature M750・M650・M550の違いがわかるように、各モデルの機能を表でまとめました。

違いがある項目のみ赤字で記載しています。

項目 M750 M650 M550
サイズ ・高さ 108.2mm 幅 61mm 奥行 38.8mm ・高さ 108.2mm 幅 61mm 奥行 38.8mm ・高さ 108.2mm 幅 61mm 奥行 38.8mm
重量 ・101.2g 101.4g 97.4g
カラー ・オフホワイト
・ローズ
・グラファイト
・レッド
・ブルー
・オフホワイト
・ローズ
・グラファイト
・レッド
・ブルー
・オフホワイト
・ローズ
・グラファイト
・レッド
・ブルー
・ブラック
読み取り方式 ・ロジクール アドバンス
オプティカル トラッキング
・ロジクール アドバンス
オプティカル トラッキング
・ロジクール アドバンス
オプティカル トラッキング
接続方法 ・無線接続
(Bluetooth、Logi Boltレシーバー)
・無線接続
(Bluetooth、Logi Boltレシーバー)
・無線接続
(Bluetooth、Logi Boltレシーバー)
電源 ・単三電池1本(最長24カ月稼働) ・単三電池1本(最長24カ月稼働) ・単三電池1本(最長24カ月稼働)
静音性 ・あり
ボタン数 ・6個 ・5個 ・3個
SmartWheel機能 ・あり
DPI範囲 ・最大2000 dpi
デバイス切り替え機能
FLOW機能
・あり ・なし ・なし
おすすめ握り方 ・つかみ持ち
・つまみ持ち
・つかみ持ち
・つまみ持ち
・つかみ持ち
・つまみ持ち
価格(定価) ・5,280円 ・4,620円 3,960円

左右にスクロールできます。

 

 

ベストセラーモデルの「M650」から派生して「M750」と「M550」が誕生しています。

M750,M650,M550 比較

そのため、M650を基準に比較するのが一番わかりやすいです。

 

M750はM650からマルチデバイス対応機能と、ホイールスクロール下にセンターボタンが追加されています。

M550はM650からサイドボタンを省き、その分低価格になっています。

 

外観の違いを並べて比較

M750・M650・M550の外観について並べて違いを比較しました。

画像は左からM550、M650、M750と並んでいます。

M750,M650,M550 比較

 

見た目はほとんど変わらず、明確に差があるのはホイールスクロール周辺と左側のサイドボタン周辺です。

M750,M650,M550 比較

M750,M650,M550 比較

M750,M650,M550 比較

M750,M650,M550 比較

 

マウス右側、後ろ側に違いはありません。

M750,M650,M550 比較

M750,M650,M550 比較

 

マウス裏側は複数デバイスへの接続に対応しているM750のみ、接続先がLEDライトでわかるようになっています。

M750,M650,M550 比較

 

マウスに付属しているBoltレシーバー、電池は全く一緒です。

M750,M650,M550 比較

 

スポンサードリンク

【フローチャート】あなたが選ぶべきモデルをパターン別で紹介

あなたがM750・M650・M550のどれを選ぶべきかわかるようにフローチャートでまとめました。

 

M750・M650・M550選び方フローチャート

M750がおすすめな人

  • 1つのマウスを複数の端末で切り替えて使いたい
  • 作業によってマウスの操作速度を変えたい
  • ホイール下のセンターボタンに好きな機能を割り当てたい

と考えている場合、「M750」がおすすめです。

 

ボタン一つでデバイスを切り替える機能、また切り替え動作すら必要なく端末間でデータをやり取りできる「FLOW」機能があるのはM750のみ。

 

よしじゅん 驚き顔
よしじゅん
これまでハイエンドモデルのみに搭載されていた機能が、ミドルクラスのマウスにも追加されました!

 

ホイール下にセンターボタンが追加されているのも、M750を選ぶ理由になります。

 

デフォルトではマウス速度調整機能が割り当てられています。

 

「Logicool+」アプリを使うことで好きな機能を割り当てられるので、自分好みにカスタマイズできます。

素早く押すのが難しい位置なので、使用する機会が少なめな機能を割り当てるのがおすすめです。

 

関連記事

Logicoolのマウス「Signature M750」はベストセラーモデル「M650」をアップグレードしたモデルです。 元々使いやすかったマウスに、フラグシップモデルに匹敵する機能が追加されています。 「作業効率が良くなる[…]

アイキャッチ Signature M750

 

スポンサードリンク

M650がおすすめな人

  • 一つのパソコンだけで、がっつり作業する
  • サイドボタンは必須
  • 機能と価格のバランスを求める

と考えている場合、「M650」がおすすめです。

M650

 

さすがベストセラーモデルなだけあって、機能と価格のバランスが良いですね。

M650

 

1つの端末で使う場合、「M750」との差がマウスホイール下のセンターボタンだけになります。

センターボタンはとっさには押しにくい位置なので必然的に使用頻度が低く、どんな機能を割り当てたいか明確に決まっていない場合、持て余す可能性が高いです。

M750 M650

 

逆に「M550」との違いはサイドボタンの有無になります。

M650 M550

よしじゅん
迷うくらいであればサイドボタン付きの「M650」がおすすめです。

 

M550がおすすめな人

  • サイドボタンを使う機会が無い
  • シンプルな外観のマウスが好き
  • ブラックカラーが好み
  • 少しでも安く、けど基本性能は求める

と考えている場合、「M550」がおすすめです。

M550

 

サイドボタンはありませんがマウスとしての基本性能は高いのが「M550」です。

M650 M550

マウスの握りやすいさ、動作の読み取り精度の良さなど、マウスとしての基本スペックが他メーカーの安物とは比較にならないレベルで高いです。

よしじゅん
2年の長期保証がついているのがメーカーの自信の表れです。(ブラックのみ1年保証)

ブラウザの操作がメインで、ジェスチャー機能を使っている場合はサイドボタンの「戻る/進む」が不要です。

Vivaldi ジェスチャー動作

よしじゅん ウィンク
よしじゅん
私が使っているVivaldiではデフォルトでジェスチャー機能があるので、サイドボタンが要りません。

 

グレーの混じっているグラファイトではなく、ブラックカラーで統一したい場合も「M550」一択になります。

M550 ブラック

 

サイドボタンが必要なく、基本性能の高いマウスを少しでも安く欲しい!という人にドンピシャで刺さるマウスですね。

 

まとめ

本記事ではLogicoolのマウスSignatureM750・M650・M550の違いについてまとめました。

M750,M650,M550 比較

  • 複数端末に接続したいなら、M750
  • バランスの良いモデルを選ぶなら、M650
  • サイドボタンがいらないなら、M550

もしここまで読んでもまだ迷う…という人はM650を選べば間違いありません。

 

関連記事

Logicoolのマウス「Signature M750」はベストセラーモデル「M650」をアップグレードしたモデルです。 元々使いやすかったマウスに、フラグシップモデルに匹敵する機能が追加されています。 「作業効率が良くなる[…]

アイキャッチ Signature M750
【初回限定】
Amazonギフト券2,000円以上の購入で
200ポイントもらえるキャンペーン

キャンペーンエントリー後に対象のAmazonギフト券を2,000円以上購入すると200ポイントがもらえます。

Amazon公式サイトでエントリーする

キャンペーン詳細(対象ギフト券)は以下になります。

もらえる条件 キャンペーンにエントリー後、
対象ギフト券を同一の注文で2000円以上購入
対象者 Amazonギフト券を初めて購入する人
キャンペーン期間 2021年2月1日 〜 終了日未定
ギフトカードの種類 Eメールタイプ
印刷タイプ
商品券タイプ
封筒タイプ
グリーティングカードタイプ
ボックスタイプ
よしじゅん
エントリー前に購入した場合、ポイントがもらえないので注意してください。
スポンサードリンク