【Air pods Pro】SONYの「WF-1000X」から買い換えて大満足!

これまでカナル型イヤホンをまったく出してこなかったAppleが、いきなりノイズキャンセリングを搭載したイヤホンを販売しました。

「実際使ってみた感想はどうだろう?」

「他社製品との比較はどんなかんじ?」

と気になっている人に、実際に使ってみたレビュー、前に使っていたSONYの「WF-1000X」と比較をまとめています。

買い替えを検討している人は、是非参考にして下さい!

 

「Air pods Pro」外観レビュー

「Air pods Pro」の外観からレビューしていきます。

 

外箱はいつも通りのApple、シンプルです。

Air pods Pro

 

箱の裏側には簡単な商品説明が記載されています。

Air pods Pro

 

ケースをオープンするとイヤホンがお出ましです。

Air pods Pro

 

ケースの裏側はこんな感じ。

フタが約120度ほど開く構造になっています。

Air pods Pro

 

底面にLightningケーブルを差し込む穴があります。

ワイヤレス充電、差込充電どちらも使えます。

Air pods Pro

 

イヤホンをケースから取り出すとこんな感じ。

Air pods Pro

 

裏側はこんな感じ。

黒色の部分が外音を集音するマイクになっています。

Air pods Pro

 

イヤーチップは最初からMサイズが付けられています。

少し縦長のデザインです。

Air pods Pro

 

付属品は充電ケーブル、イヤーチップです。

Air pods Pro

 

ケーブルは片方がLightning端子、もう片方がUSB Type-C端子になっています。

Air pods Pro

よしじゅん
Mac Book との接続を考えているんでしょうね。

 

「Air pods Pro」の外観レビューは以上です。

 

「Air pods Pro」ペアリング設定方法、使い方

「Air pods Pro」のペアリングを画像と一緒に説明します。

 

iPhoneに近づけた状態でケースを開くと、画面に接続開始のアナウンスが表示されます。

「接続」を押すだけでペアリング完了です。

 

接続後に「Air pods Pro」の使い方が紹介されます。

Air pods Pro

 

見るだけでわかるので、便利ですね。

Air pods Pro

 

Air pods Pro、iPhoneのどちらでも操作可能です。

Air pods Pro

 

最後に着信メッセージ読み上げ機能の設定をして終了です。

Air pods Pro

 

1度接続した後は、Air pods Proのケースを開くとiPhoneに充電量が表示されるようになります。

Air pods Pro

 

初期設定にはありませんが、自分の耳とイヤーピースが合っているか確かめる機能があります。

Air pods Pro

Air pods Proの設定方法は以上になります。

 

「Air pods Pro」の良かった点

「Air pods Pro」を使ってみてわかった、良かった点を紹介します。

ノイズキャンセリングのおかげで、小さな音量で聞こえて耳に優しい

「Air pods Pro」電車の中で音楽を聴くのに最高のイヤホンです。

 

よしじゅんがイヤホンを選ぶ時、ノイズキャンセリング機能は必須です。

よしじゅん 喜び
よしじゅん
ノイズキャンセリングがあれば電車の中で音漏れせず、小さな音で音楽を楽しめます。

これまでまともなノイズキャンセリングといえば「BOSE」か「SONY」くらいしか作っていませんでした。

そのため、6年以上SONYのイヤホンを使い続けていました。

よしじゅん
「MDR-EX31BN」を4年、「WF-1000X」を2年使っていました。

今回から初めてノイズキャンセリング機能が追加された「Air pods Pro」をつけてみて、マジで衝撃を受けました。

「Air pods Pro」を耳につけてから1秒後に、外からの音がスッと消えます。

これまでつけていたSONYのノイズキャンセリングより性能は完全に上です。

よしじゅん 驚き
よしじゅん

Appleがここまで完成度の高いものを出すとは思っていませんでした!

・ノイズキャンセリング機能が圧倒的で、外音をシャットアウト

アップル製品同士の親和性が高い

ガジェットを多く使っている人にとって、製品同士の親和性はとても大切です。

よしじゅん
それぞれ使うタイミングが違うので、接続先を切り替える必要があります。

よしじゅんはiPhone、iPad、Apple Watch、Macと多くのアップル製品を使っています。

「Air pods Pro」はアップル製品同士との親和性が本当に高く、ストレスフリーです。

 

 

よしじゅん
メインの接続先をiPhoneにすることを前提で紹介します。

iPhoneからApple Watchに切り替える場合

何も設定する必要がありません。

普段はiPhoneで音楽を聴いて、ランニングの時だけApple Watchで音楽を聴くなどの運用が簡単にできます。

 

iPhoneからiPad、Macに切り替える場合

コントロールセンターから簡単に接続先が切り替えられます。

コントロールセンターのミュージック右上にある「Air play」を押して、出てくる「Air pods Pro」を選択して完了です。

よしじゅん 喜び
よしじゅん
わざわざ設定画面を開いて切り替えをしなくていいのが本当に助かります。
・Apple製品を多く持っている人ほど、ストレスフリーで便利

直感的で、使い方がとても簡単

「Air pods Pro」は本当に直感的で、ワイヤレスイヤホンが初めての人でも簡単に使うことができます。

「Air pods Pro」本体を使って行う操作は以下の6通りです。

  • 耳から片方を外したら音楽が止まる
  • 感圧センサーをワンクリックで、音楽の再生、停止
  • 感圧センサーをダブルクリックで、次の曲へ
  • 感圧センサーをトリプルクリックで、曲の初め、前の曲へ
  • 感圧センサーを長押しで、外音取り込みモードとノイズキャンセリングモード切り替え
  • Siriを使いたい時は、「Hey Siri」と呼びかける

操作はこれだけで、左右どちらでも大丈夫です。

よしじゅん
1回使えば、簡単に覚えられます!

操作方法の紹介画面も流れるので、安心して使うことができます。

・機械が苦手な人でも、かんたんに使うことができる

外音取り込み機能で、会話の時に耳から外す手間がいらない

カナル型のイヤホンは外の音が遮断できますが、店員さんとの会話や車掌さんのアナウンスが聞こえないのが弱点です。

よしじゅん 悲しみ
よしじゅん
わざわざ外す手間って、結構めんどうなんですよね…

「Air pods Pro」は外音取り込み機能があり、なにも耳につけていないかのような自然な音が聞こえます。

よしじゅん 喜び
よしじゅん
「Air pods Pro」を使ってわかった、最高の機能です!

外音取り込み機能のおかげで必要以上に大きな声を出してしまって相手を不快にさせることや、わざわざイヤホンを外してレジでもたつくことがありません。

電車の緊急アナウンスが流れても、わざわざ外す手間がいらなくて、聞き逃すこともありません。

普段は外音をシャットアウトして、必要な時にすぐ聞こえるのは本当に便利です。

 

Air pods Pro本体、iPhoneのどちらからでも簡単に切り替えることができます。

Air pods Pro

カナル型のイヤホンが好きで、会話する機会が多い人にピッタリのイヤホンです。

・イヤホンをつけたまま会話できるので便利

ケースが小さくて軽いので、持ちやすい

ワイヤレスイヤホンのケースは大きいものが多いのですが、「Air pods Pro」のケースはとても小さいです。

たまご一個ほどの大きさなので、片手で持ちやすいですね

Air pods Pro

 

「Air pods Pro」の重さは56gととても軽いです。

Air pods Pro

 

また、Air pods Proは色々なケースカバーが売られていて、自分の好きなようにカスタマイズできます。

よしじゅんは「FANVS AirPods Pro ケース」のグリーンを使っています。

Air pods Pro ケース

よしじゅん
緑色のシリコンケースがほどよくかわいい!

Air pods Proが発売されてからそれほど日が経っていないのに、結構多くのメーカーがケースカバーを販売しているのが驚きです。

Air pods Pro ケース

これからどんどん増えていくので、おしゃれに敏感な人にもおすすめです。

・小さくてポケットに入りやすいサイズ

ワイヤレス充電対応で、適当に置くだけで充電できる

「Air pods Pro」はワイヤレス充電に対応しています。

これが本当に便利で、家に帰ってきてポンと適当に置くだけで充電されます。

よしじゅん 喜び
よしじゅん
雑な性格のよしじゅんには、本当にぴったりです!

 

また、嬉しいことに家の中で充電コードを探すことがなくなりました。

いろいろなガジェットを使っていると家の中がコードまみれになってしまうのですが、ワイヤレス充電のおかげで助かっています。

よしじゅん
我が家ではiPhone、Apple Watch、Air pods Proが置くだけなので、コードが不要です。

ミニマリストを目指している人に「Air pods Pro」のワイヤレス充電は本当におすすめです。

・置くだけで充電できるので、ズボラな人にとって本当に便利

 

Air pods Proのイマイチ点

「Air pods Pro」の実際使ってみてわかった、ちょっとイマイチな点を紹介します。

イヤーチップが変えられない

Air pods Pro

「Air pods Pro」のイヤーチップは独特な形状をしています。

耳に入れる部分は普通なのですが、「Air pods Pro」本体と接続する部分の形が変わっています。

一般的なイヤホンと形が違うため、イヤーピースを交換することができません。

Air pods Pro

よしじゅん 悲しみ
よしじゅん
ウレタンのイヤーピースが好きなんですが、使えないんですよね…

好きなイヤーピースじゃないと嫌だ!という人にはイマイチかもしれません。

 

また、もしイヤーピースを無くしてしまった場合、Appleストアにて450円で購入することができます。

よしじゅん
ちょっと割高な値段ですね…

 

少しケースから取り出しにくい

Air pods Pro

「Air pods Pro」はツルツルとした手触りです。

ケースから取り出す時はつまむように取り出すのですが、ちょっとつまみにくい形状をしています。

よしじゅん
取り出そうとするとき、ポロッと落ちないように気をつけましょう。

駅のホームなど、落としたらマズい状況では丁寧に取り出してください。

 

長時間つけていると耳が痛くなる

「Air pods Pro」はカナル部分とプラスチック部分が耳に引っかかって支える構造です。

人にもよると思いますが、長時間つけていると耳が痛くなります。

よしじゅん
私の場合、約2時間つけ続けていると耳が少し痛くなってきます。
iPhoneについてくるイヤホンをつけていても問題なかった人は大丈夫かと思いますが…
つけ心地が気になる人は、事前に試してみることをおすすめします。

ホコリが少し目立つ

「Air pods Pro」は本体、ケースともに白色です。

特に本体のほうにホコリが入り、少し目立ちます。

Air pods Pro

よしじゅん 悲しみ
よしじゅん
ポケットに入れて持ち歩いたら、細かいホコリが入ってしまいました…

気になる人は定期的にお手入れが必要です。

 

本体にシリコンケースをつけることで、少しホコリが入りにくくなりました。

ホコリが入るのが嫌な人は参考にしてください。

 

 

耳から圧を感じる瞬間がある

Air pods Pro

「Air pods Pro」はノイズキャンセリングで外音のノイズをシャットアウトしてくれます。

ただ、音の種類によっては耳に圧が感じられる瞬間があります。

 

個人的に感じるのは、強い低音が聞こえる時に圧を感じます。

よしじゅん
大型トラックやクレーンなどの重機が近くを通る時ですね

しっかりとノイズキャンセリングが効いている証拠なのですが、苦手な人は低音が聞こえる時は外音取り込みモードにしてください。

 

 

「Air pods Pro」とSONYの「WF-1000X」を比較

「Air pods Pro」を購入するまで使っていたイヤホンはSONYの「WF-1000X」です。

2017年に発売されたイヤホンで、ノイズキャンセリング機能がついています。

 

「Air pods Pro」と「WF-1000X」を比較していきます。

よしじゅん 驚き
よしじゅん
ワイヤレスイヤホンは2年でこんなに進化するんだなぁ…と驚いた気持ちになりました。

外観の比較

Air pods Pro

好みがわかれるところですが、「Air pods Pro」は白を基調としたシンプルなカラーです。

棒の部分も前モデルから比べると短くなっていて、「耳からうどん」ではなくなっています。

 

「WF-1000X」はプラスチック部分とゴールドの塗装部分の差がはっきりとわかります。

他人から見られやすい部分はゴールドで塗装されているところだけが見えるようになっています。

ボタンもわかりやすい部分にあることから、メカニックな印象を受けます。

 

シンプルなデザインを求めるなら「Air pods Pro」、メカニックなデザインが好きなら「WF-1000X」がおすすめです。

 

 

装着感の比較

Air pods Pro

「Air pods Pro」はカナル部分と、本体のプラスチック部分が耳に密着して固定されます。

プラスチック部分の影響で、ちょっと硬い装着感になります。

iPhoneについてくる「Ear pods」に、シリコンのカナル部分が付いたイメージで問題ありません。

 

「WF-1000X」はカナル部分と、シリコン部分を耳に引っ掛けて固定します。

耳にはプラスチック部分は当たらないので、柔らかい装着感になります。

 

長時間つけていて、痛くならないのは「WF-1000X」です。

 

音質の比較

「Air pods Pro」のほうが高音がきれいで、万人受けする音質です。

女性ボーカルの曲が好きな人に向いています。

 

「WF-1000X」の方が低音で重量感を感じられます。

ヘビメタなど、響いてくる音が好きな人に向いています。

 

音質は好みにも分かれる部分ではあるので、あくまで参考としてください。

また、SONYのほうはアプリにイコライザー機能があり、自分の好きな音質にカスタマイズすることができます。

気軽に音楽を楽しみたい人はAir pods Pro、本格的に音楽を楽しみたい人はSONYがおすすめです。

 

接続の比較

接続の性能については、大きな性能差があります。

「Air pods Pro」は人が集まる場所でも接続が途切れたりせず、ストレスフリーです。

よしじゅん
大阪駅、ヨドバシカメラ大阪では全く途切れませんでした。

 

「WF-1000X」は人が多いところに行くと定期的にポツポツと接続が切れてしまいます。

どちらも接続が切れるというよりは、片方だけ接続が切れてしまうことが多いです。

よしじゅん
右側だけが途切れることが結構ありますね…

接続の良さ、ストレスフリーを求める人は「Air pods Pro」がおすすめです。

 

ノイズキャンセリングの比較

「Air pods Pro」のノイズキャンセリングはしっかりと外音を消してくれます。

周りの環境にもよりますが、無音の感覚になります。

 

「WF-1000X」のノイズキャンセリングは外音をマイルドに消してくれます。

外からの騒音にホワイトノイズを被せているような感覚です。

 

ノイズキャンセリングの質が、両社で違うように感じます。

 

電車の中など、騒音の激しい環境では「Air pods Pro」がおすすめです。

より小さい音で音楽が楽しめるので、耳に優しいのも嬉しいポイント。

 

 

ケースの比較

ケースの大きさは差がはっきりとしています。

横幅を比較すると、「Air pods Pro」が半分くらいで非常にコンパクト。

Air pods Pro

 

ケースの厚みはほぼ変わりません。

Air pods Pro

 

ケースの高さも大きく変わりません。

Air pods Pro

コンパクトに持ち歩きたい人は、「Air pods Pro」がおすすめです。

 

使い勝手の比較

使い勝手は圧倒的に「Air pods Pro」が上です。

 

「Air pods Pro」は両方はもちろん、左右のどちらかだけで使用することができ、どちらのイヤホンを使っても操作方法が同じです。

耳から外すと音楽が止まる機能など、「何気なく感じるめんどくささ」がありません。

 

「WF-1000X」は常に両耳で使うことを前提としています。

左側のイヤホンが親機となっているので右耳単体では使用することができず、それぞれのイヤホンで操作できる内容が違います。

しっかりと操作方法を覚える必要があるので、地味にめんどくさい感覚があります。

使い勝手を優先するのであれば、Air pods Pro 一択です。

 

通話の比較

Air pods Pro

通話性能も圧倒的に「Air pods Pro」が上です。

 

「Air pods Pro」は相手の声がとてもクリアに聞こえるので、長時間会話しても疲れません。

左右のどちらでも通話することができます。

 

「WF-1000X」は左側のイヤホンでしか通話することができません。

両耳つけていても、右からは声が聞こえてきません。

また通話相手にとっての聞き取りやすさも「Air pods Pro」のほうが良いです。

よしじゅん
妻によると、途切れたりすることもなくてiPhoneで話しているのと変わらないほどクリアな音声みたいです。

 

 

「Air pods Pro」の在庫状況、どこで買うのがお得なのか

発売されてからどんどん人気が上がっている「Air pods Pro」ですが、常に品薄状態です。

多くの人が高評価で、より在庫がなくなっている状況です。

早く、確実に手に入れるならAppleストア

最速で「Air pods Pro」を手に入れたい場合、Appleストアが確実です。

ただアップル公式HPでも、購入してから届くまでの日数がどんどん伸びています。

よしじゅん 驚き
よしじゅん
発売日は2週間待ちだったのですが、2019年12月3日現在では1カ月かかります!

 

Appleストアで購入すると割引はありませんが、楽天リーベイツのサイトを経由してからアップル公式HPで購入することで楽天ポイントをもらうことができます。

 

少しでもお得に、最速で「Air pods Pro」を購入したい人は本記事に書いている「アップル公式HPで購入するのに、楽天ポイントがもらえるお得な裏ワザ」をチェックしてください。

・Appleストアなら確実に手に入るが、それでも予約待ち

 

少しでもお得に購入するならAmazonやヨドバシなどの家電量販店

少しでも割引が多く、お得に購入したいという人はAmazonやヨドバシなどの家電量販店がおすすめです。

ただ問題なのが、入荷のメドがたっておらず、いつ手に入るかわからないということです。

 

Appleストアでも品切れ状態なので、小売店まで在庫が回ってくるのはまだまだ先です。

よしじゅんも、少しでも早く購入したかったので、実店舗でいつ入荷されるのか聞いて回りましたが…

よしじゅん 悲しみ
よしじゅん
ヨドバシカメラ梅田、エディオン西宮ガーデンズ店のどちらの店舗も、入荷時期がわからないと返答がありました…

発売した2日後と、1週間後に聞いてみても同じ発言でした。

結局、発売2週間後にApple公式から届きました。

Appleストア以外で購入する場合、いつまで経っても手に入らない可能性がありますね…

・Appleストアよりは少しお得だが、いつ手に入るかわからない

アップル公式HPで購入するのに、楽天ポイントがもらえるお得な裏ワザ

最速で確実に「Air pods Pro」を購入する場合、Apple公式HPで購入することになります。

アップル公式HPで購入する場合、楽天ポイントをもらってお得になる裏ワザがあります。

楽天リーベイツのサイトを経由してアップルの公式HPに移動するだけで、楽天ポイントがもらえます。

よしじゅん
もちろん、支払い金額は普通に公式HPで購入するのと変わりません。

 

「なんで楽天リーベイツを経由するだけで楽天ポイントがもらえるの?」と思いますよね。

楽天リーベイツを経由することで、「楽天がアップル公式HPを紹介した」という形になります。

楽天がアップルから広告料をもらい、購入するあなたにもポイントが還元される仕組みです。

 

アップル以外にも、400以上の公式ストアで使うことができますので、アカウントだけでも作っておくと便利ですよ。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

楽天リーベイツ公式HPはこちら。

 

「Air pods Pro」レビューまとめ

本記事は「Air pods Pro」を実際に使ってみたレビュー、これまで使っていた「」との比較について紹介しました。

さすがアップル、とても満足度の高いワイヤレスイヤホンです。

よしじゅん
アップルの本気を感じられました!

通勤に電車で乗る人にとって、これ以上ない最高のイヤホンですね。

購入を検討している人は、すぐにでも予約することをおすすめします。

 

関連記事

Apple Watch Series5を発売日に購入してしまいました!よしじゅん営業に行くついでに、アップルストアでゲットしました!さっそく開封レビューをしていきます。 本記事では[…]

【開封レビュー】 Apple Watch Series5 44mm ゴールドアルミニウム
関連記事

ブログを書き始めて半年、よしじゅんです。仕事中でも、遊んでいるときでも、暇さえあればブログネタをついつい探してしまうようになりました。スキマ時間に効率良くブログを書くことができないかな~と考えたときに「iPad Air」と「[…]

 

Amazonでお得に買い物をする裏技

Amazonで買い物をするとき、さらにポイントを貯める裏ワザがあるのを知っていますか?

「クレカ払い」や「着払い」決済で買い物すると、実は損しちゃってるんです…

よしじゅん
貰えるポイントはしっかりとゲットしましょう!

 

Amazonのポイントをさらにゲットする裏ワザ

  1. 「チャージタイプのAmazonギフト券」を購入
  2. そのアマギフで買い物する

これだけです。

 

Amazonアカウントに現金をチャージするたびに、最大で2.5%分のポイントが貰えるんです。

一回のチャージ額通常プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
20,000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

チャージしたら、あとは普通に買い物するだけです。

一円も安く購入したい場合は、amazonギフト券をチャージして買い物することを覚えておきましょう。

 

まだ利用していないのであれば、ぜひ活用してください。

公式 Amazonギフト券(チャージタイプ)はこちら

 

  • Amazonギフト券を購入してから買い物するとポイントがもらえる
  • ギフト券購入金額によって変動 最大2.5%のポイント

最大2.5%のポイントバック

Amazonチャージを使ってみる

チャージして購入するだけ!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いに対応

Twitterで繋がりませんか?