アイキャッチ Air Pods Max レビュー

【Air Pods Max レビュー】思ったより人を選ぶ理由

Apple初のヘッドホン「Air Pods Max」が2020年12月に発売。

リーク情報を聞いてからずっと楽しみにしていたので、すぐ購入しちゃいました。

ただ期待が大きすぎたのか、「あれ?」と感じる点がチラホラ…

正直に言います。人を選ぶヘッドホンです。

  • 「ぶっちゃけ、ヘッドホンとしてアリなの?」
  • 「細かいところの使い勝手が知りたいんだよね」

といった悩みを持っている人はぜひ読んで見てください。

特に購入を検討している人に参考となるレビューになっています。

 

 

30日間無料で「Amazon Music Unlimited」を試してみる

あの思い出の曲を久しぶりに楽しんじゃおう!

 

 Air Pods Pro、Maxに関係する記事は以下にまとめています。

関連記事

これまでカナル型イヤホンをまったく出してこなかったAppleが、いきなりノイズキャンセリングを搭載したイヤホンを販売しました。 「実際使ってみた感想はどうだろう?」 「他社製品との比較はどんなかんじ?」 と気になってい[…]

 

スポンサードリンク

Air Pods Maxの外観

「Air Pods Max」の外箱です。

Air Pods Max

今回はスペースグレイを選びました。

 

フタを開けるとSmar Coverに覆われたAir Pods Maxが入っています。

Air Pods Max

 

Smar Cover自体にも保護フィルムが貼られています。

Air Pods Max

 

Air Pods Max本体です。

鈍く光るスペースグレイのアルミニウム部分がむちゃくちゃカッコいいです。

Air Pods Max

 

イヤーカップを最大まで捻ってみた状態です。

一方の方向には90度回りますが、逆側には5度くらいしか回りません。

Air Pods Max

 

 

内側は柔らかいメッシュ素材のイヤーパッド。

Air Pods Max

 

イヤーパッドはマグネットで着脱式になっています。

Air Pods Max

 

イヤーパッドの中央にR,Lの表記があるので間違えることはありません。

Air Pods Max

 

右側の上部分には音量と再生/停止/進む/戻るを操作するDigital Crownがついています。

Air Pods Max

 

ヘッドホンの長さ調節は無段階で、ちょっと固めなので好きな位置にピタッと設定した後はズレることがありません。

Air Pods Max

 

Smar Coverは結構硬めの素材でできています。

Air Pods Max

 

上の部分を開いて、Air Pods Maxをスライドして収納します。

Air Pods Max

 

充電ケーブルはLightningーUSB-Cのケーブルがついていますが、充電ポートはついてないので各自用意する必要があります。

Air Pods Max 付属品

 

説明書は図でApple端末への接続方法が書かれています。

Air Pods Max 付属品

 

ぶっちゃけ説明書は見る必要なく、Air Pods Maxと接続させたいiPhone、iPadを近づけるだけなので失敗することはありません。

Air Pods Max

iPhone(iPad)のOSがそれぞれiOS14.3以上(iPad OS 14.3以上)になっていないとAir Pods Maxを認識しないので注意してください。

 

Air Pods Maxの良かった点

Air Pods Maxを使ってわかった、よかった点を紹介します。

スポンサードリンク

「外音取り込み」の性能が私の耳より良い

外部取り込み

Air Pods Maxにはヘッドホンを付けた状態でも外の音を自然に取り込んで聴くことができる「外音取り込み」機能がありますが、びっくりするほど綺麗に聴こえます。

周囲の会話、車の音、エアコンの動作音がとってもクリアに聴こえます。

正直、何も付けていない時よりAir Pods Maxの「外部取り込み」機能の方が良い耳をしているかもしれません。

 

ただマナーの問題もあるので、会話の時はヘッドホンを外した方がいいかもしれません…

店員さんと話をするときは首にサクッとずらしてかけるようにしています。

Air Pods Max

 

Air Pods Proでも同じく「外音取り込み「機能がありますが、こっちの方が断然性能が上です。

Air Pods Proは「外部取り込み」を使うと音楽が外音にかき消されますが、Air Pods Proはどっちもしっかり聴こえます。

 

音質はとてもフラットで馴染みやすい

Air Pods Max

「Air Pods Max」のフラットな音質で、高音も低音も聞き取りやすくて馴染みやすいです。

他社製のヘッドホンの場合、メーカーごとによる味付けがありますがそれが感じられません。

 

Appleが「原作に忠実」と表現している意味がわかりました。

これまでのEar Pods、Air Podsシリーズの音が好きなら間違いなく満足できます。

Ear Podsが正統進化したクリアな音が楽しめます。

 

 

スポンサードリンク

「空間オーディオ」の迫力は圧巻

空間オーディオ

「Air Pods Max」の目玉機能、「空間オーディオ」の迫力が物凄いです。

臨場感マックスで、音が四方八方から迫ってくる感じ。

 

まるで映画館で聞いているようで、画面に右耳を向けるとそっちから音が聞こえてきます。

すごすぎて首をグルングルンして遊びたくなります笑

Air Pods Proでも空間オーディオは楽しめますが、迫力が別次元です。

関連記事

9月17日にiPhone、iPadのOSアップデートが提供され、「Air Pods Pro」の新機能「空間オーディオ」が使えるようになりました。 実際に使ってみてマジで感動したので、より多くの人に感動を味わって欲しい思いで「空間オーデ[…]

【Air Pods Proの新機能】「空間オーディオ」のレビューと体験方法を紹介

 

20時間稼働できる十分なバッテリー

Air Pods Max バッテリー

Air Pods Maxは20時間連続稼働できるバッテリーを搭載しています。

「今日は一日、映画を楽しむぞ!」という日でもバッテリーを気にすることなく楽しめます。

そこまでヘビーな使い方をしなくても、バッテリー容量が多い=充電の手間が少なくなるので便利です。

普通の使い方なら3日に1日充電したら充分。

私の場合、家に帰ってから1日2時間ほど音楽を聴くので、1週間に1回充電するだけでOKでした。

 

Air Pods Proは連続稼働時間が最長4.5時間なので、一日中充電せずに使うことはできません。

長時間、ぶっ続けで音楽を楽しみたい人はAir Pods Maxがおすすめです。

 

 

「Air Pods Max」を使ってわかった、気になる点

「Air Pods Max」を使ってみて、正直に「アレ?」と感じたところを紹介します。

購入を検討している人に事前に知っておいてほしいです。

圧迫感(側圧)が強い

Air Pods Max

Air Pods Maxを着けた時は心地良いイヤーカップに耳が包まれます。

ただ、側圧が強くて圧迫感を強く感じます。

長時間付けているのがしんどく、耳の下にある骨の部分が痛くなってきます。

Air Pods Max 側圧

 

メガネをかけていてもツルの部分は痛くならないので、なんでこんなところが痛くなるんだろ?と不思議に感じます。

 

本体の重量はかなり気になる

「Air Pods Pro」の重量は約385gとヘッドホンの中では重たい部類です。

メーカー 名称(型番) 重量
Apple Air Pods Max 385g
Sony WH-1000XM4 254g
BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 252g
ゼンハイザー MOMENTUM Wireless M3AEBTXL 305g

 

「付け心地で思った以上に重く感じない」という感想をチラホラ見かけますが、そんなことありません。

長時間つけているとフツーに疲れます。

疲れない人は多分アメフト選手など、首をガチンガチンに鍛えてる人に違いない。

 

下を向いた時(うつむいた時)にAir Pods Maxがちょっとズレ落ちてきます。

手を洗うときや靴紐を結ぶときなど、日常生活では何気なく下を向く機会が多いので地味にイラッとします。

 

ノイズキャンセリングのホワイトノイズが強過ぎて、車の近くで聞くと圧がきつい

Air Pods Maxにはノイズキャンセリング機能が付いていますが、性能が良すぎます。

性能が良すぎて「今しっかりノイキャンが働いてる」というのがわかるくらい。

ノイズキャンセリングが働きすぎて、車が近くを通る時「ボンッ」と圧を感じます。

イメージですが、車でトンネルに入ったときのようなあの感覚を想像してください。

 

幹線道路沿いでは連続でボンボン圧を感じるので、思わずAir Pods Maxを外したくなるくらいキツいです。

私がよく通る国道43号線沿いでは着けないことを決めました…

 

ぶっちゃけ、Air Pods Proの方が自然で圧を感じません。

ホワイトノイズの強すぎる圧が苦手な人はAir Pods Proの方がおすすめです。

 

「Digital Crown」の操作感が微妙

Air Pods Maxの「Digital Crown」はApple Watchと全く同じデザインです。

Air Pods Max

 

音量を上げる/下げる、曲の再生/停止を操作に使います。

誤作動は少なくて良い操作方法なのですが、Apple Watchと比べると操作感が微妙に悪くなっています。

 

Air Pods MaxのDigital Crownは音量を上げ下げする際、ヘッドホン内部から小さいカチカチ音で知らせてくれます。

このカチカチ音がとにかく聞き取りにくい。

聞いている音楽にかき消されるし、「外音取り込み」にしていると全くと言っていいほど聴こえません。

Apple Watchのように振動で指に伝える方式の方がよっぽど使いやすい。

せっかくモチーフを同じにしているのに残念です。

 

やっぱり「Smart Cover」はダサい

Air Pods Maxを持ち運ぶ際、ケースの代わりに「Smart Cover」をかぶせて傷をつかないようにします。

Air Pods Max

 

でもやっぱり「Smart Cover」はダサい。

ダサいうえに、入れにくいので使いづらい。

 

フタが閉まらないように片手で支えながらスポッと嵌め込む動作がなかなか難しい。

Air Pods Max

 

これが普通のケースなら入れて終わりなのに…

実用性も見た目も悪いって、これ本当にAppleが考えたの?って疑いたくなります。

 

「空間オーディオ」を楽しめるサービスがApple TVしかないし、Macでは使えない

Air Pods Max独自の機能「空間オーディオ」ですが、現状楽しめるサービスが「Apple TVアプリ」しかありません。

Apple TVアプリ自体のコンテンツ量がとても少なく、サブスクリプションサービスの「Apple TV+」なんてガチれば2〜3ヶ月で全て見終わってしまうレベルです。

Apple TV

せっかくの目玉機能を使う機会がないのは寂しいです。

しかも「空間オーディオ」はiPhoneとiPadにしか対応しておらず、大画面で楽しみたいMacでは使えません。

Apple…しっかりしてくれよ…

 

通話時、マイクが周囲の音を拾い過ぎてしまう

Air Pods Maxはヘッドホンを着けた状態のまま通話することができます。

しかし通話時のマイクが周囲の音を拾いすぎてしまうことがわかりました。

Discordというグループ通話アプリを使って通話した際、何気なくいつも通りに冷蔵庫から飲み物を入れていると「何してんの?」と気付かれました。

コップを置く音、飲み物を注ぐ音などの生活音がダダ漏れしてたみたいで、ちょっと恥ずかしかったです…

全く同じことをAir Pods Proでしても全く気付かれません。

声の聞こえ方は変わらないらしいので、Air Pods Proの方が声だけをしっかり拾っていることになります。

 

Appleデバイスを3台以上持っていない場合、親和性の恩恵が少ない

Apple端末 複数台

Air Pods MaxはAppleデバイスとの親和性が高く、使う端末に合わせて自動で接続を切り替えてくれます。

ただ、その機能はAppleデバイスが3台以上あってこそ意味がある機能です。

他社製ワイヤレスヘッドホンの場合、2台のデバイスにマルチペアリングする機能が付いています。

ということは2台までの端末しか使わないならAir Pods Maxでなくても良いということ。

 

私のようにiPhone、iPad、Macを切り替えて使うなら、Air Pods Maxの「自動切り替え機能」はむちゃくちゃ便利です。

しかし使う端末が限られている場合、あえてAir Pods Maxを選ぶ必要はないかもしれません。

 

関連記事

Air Pods Proの新機能「自動切り替え」は本当に便利で、複数端末を持っている人にぜひ使って欲しい機能です。 ただ、注意しないと公共の場で自分の聞いている音が大音量で流れるという恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。 […]

Air Pods Proの新機能「自動切り替え」は便利だが注意が必要!

 

正直、値段が高過ぎる

Air Pods Maxの値段は61,800円(税込67,980円)です。

Air Pods Max

めっちゃ高いです。

「高くない」とか「価値を考えると妥当」とか言っている人もいますが、それ本音で言ってる?と問いたい。

少なくとも「安いくらい」と言うコメントを見たことがありません。

 

7万近い価値があるかと言われると、実際に使った身としては正直微妙だと思います。

他社の同グレード帯だと、性能や音のレベルがAir Pods Maxと変わらないのに半額から2/3の値段で購入できます。

メーカー 名称(型番) 値段(2021年1月10日時点Amazonより)
Apple Air Pods Max 67.667円(税込)
Sony WH-1000XM4 40,000円(税込)
BOSE NOISE CANCELLING HEADPHONES 700 44,646円(税込)
ゼンハイザー MOMENTUM Wireless M3AEBTXL 48,000円(税込)

 

音質と機能だけ考えると、価格差をひっくり返すほどの価値はありません。

 

音質だけを考えるなら、私が既に持っている「ゼンハイザー HD598」で十分でした。

HD598SR

こちらは有線の開放型ヘッドホンなので比較とは言えませんが…

 

音質と機能以外で価値を感じるなら、もちろん購入をおすすめします。

冷静に考えて「ん?」と悩むことが一つでもあるなら、再検討したほうが間違いありません。

 

Apple製品は気軽に返品できるので、迷ったらとりあえず買ってみてもいいかも

Apple製品はオンラインストアから購入した場合、購入してから2週間は無料で返品することができます。

理由に関わらず返品できるので、使ってみて「ちょっと合わないな…」と感じたら遠慮することなく返品しちゃいましょう。

Apple公式サイト 返品・返金について

【参考】アップル公式HPで購入するのに、楽天ポイントがもらえるお得な裏ワザ

最速で確実に「Air pods Max」を購入する場合、Apple公式HPで購入することになります。

アップル公式HPで購入する場合、楽天ポイントをもらってお得になる裏ワザがあります。

楽天リーベイツのサイトを経由してアップルの公式HPに移動するだけで、楽天ポイントがもらえます。

よしじゅん
もちろん、支払い金額は普通に公式HPで購入するのと変わりません。

 

「なんで楽天リーベイツを経由するだけで楽天ポイントがもらえるの?」と思いますよね。

楽天リーベイツを経由することで、「楽天がアップル公式HPを紹介した」という形になります。

楽天がアップルから広告料をもらい、購入するあなたにもポイントが還元される仕組みです。

 

アップル以外にも、400以上の公式ストアで使うことができますので、アカウントだけでも作っておくと便利ですよ。

Rebatesお友達紹介キャンペーン

楽天リーベイツ公式HPはこちら。

 

まとめ 「Air Pods Max」は万人に勧められるヘッドホンではない

Air Pods Maxは外で聞くより、家の中で聞くことを考えて作られたヘッドホンだと感じました。

でも、家の中で聞くなら他の選択肢がたくさんあります。

同性能で安い他社製のヘッドホンや、同じ値段で格別な音質のスピーカーなど…

 

外で気軽に音楽を楽しむならAir Pods Proで充分(というかそっちの方が使い勝手が良い)です。

 

正直、課題が多いヘッドホンだと思います。

Air Pods Maxじゃなきゃいけない理由がある人にはおすすめのヘッドホンですが、万人におすすめするのは難しいですね。

あなたの購入の参考になれば幸いです。

 

 

30日間無料で「Amazon Music Unlimited」を試してみる

あの思い出の曲を久しぶりに楽しんじゃおう!

 

 Air Pods Pro、Maxに関係する記事は以下にまとめています。

関連記事

音楽を聞いたり、動画を見たりとiPadで音を聞くことって多いですよね? iPadで迫力のある音を楽しみたい!という場合はスピーカーを用意する必要があります。 「iPadで使うスピーカーって何を基準に選んだらいいの?」と考えている[…]

iPad スピーカー アイキャッチ
関連記事

「Air Pods Pro」や「Air Pods Max」はAppleが作っているデバイスだからといって、Apple端末にしか接続できないわけではありません。 Bluetooth接続でWindowsパソコンに接続して、一般的なイヤホン[…]

アイキャッチ Air Pods Windows 接続
関連記事

これまでカナル型イヤホンをまったく出してこなかったAppleが、いきなりノイズキャンセリングを搭載したイヤホンを販売しました。 「実際使ってみた感想はどうだろう?」 「他社製品との比較はどんなかんじ?」 と気になってい[…]

関連記事

9月17日にiPhone、iPadのOSアップデートが提供され、「Air Pods Pro」の新機能「空間オーディオ」が使えるようになりました。 実際に使ってみてマジで感動したので、より多くの人に感動を味わって欲しい思いで「空間オーデ[…]

【Air Pods Proの新機能】「空間オーディオ」のレビューと体験方法を紹介
関連記事

Air Pods Proの新機能「自動切り替え」は本当に便利で、複数端末を持っている人にぜひ使って欲しい機能です。 ただ、注意しないと公共の場で自分の聞いている音が大音量で流れるという恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。 […]

Air Pods Proの新機能「自動切り替え」は便利だが注意が必要!
関連記事

Apple Musicでロスレス/ハイレゾの楽曲が追加料金なしで楽しめるようになりました。 ただしロスレス/ハイレゾを楽しむには対応しているデバイスを準備し、Mac miniの設定を変更する必要があります。 「Mac miniで[…]

Mac mini Apple Music アイキャッチ
関連記事

Mac miniはiMacやMacBookと違い、周辺機器を自分で揃える必要があります。 逆に考えると、自分のお気に入り環境を構築しやすいということです。 Mac miniに合わせて機能面にもデザイン面にもこだわって揃えたおすす[…]

Mac mini 周辺機器
Amazonでお得に買い物をする裏ワザ

Amazonで買い物をする前に、お得になる裏技を紹介します。

Amazonギフト券をチャージして、チャージしたお金で商品を購入する。

これだけでチャージ金額の最大2.5%のポイントが還元されます。

Amazonチャージ 表

もちろん一般会員でもお得ですが、あなたがAmazonプライム会員だとさらに0.5%お得です!

Amazonプライム会員について詳しく紹介している記事はこちら。

よしじゅんブログ

Amazonプライム会員って、荷物が早く届くだけだと思っていませんか?プライム会員になるだけで、買い物をしなくても利用で…

 

私は普段、以下のループで買い物しまくっています。

Amzonギフト券を9万円チャージする → 買い物しまくる → 少なくなったらまた9万円チャージする

(チャージしたギフト券、有効期限がきてムダにならないかな?)と悩むかもしれませんが、Amazonギフト券の有効期限は10年もあるので普通に生活していれば間違いなく使い切ります。

 

ただただ、あなたが得をするキャンペーンなのでやらない理由は無いかと思います。

・Amazonで購入する前にチャージするだけでポイント還元
・プライム会員なら還元率UP

Amazonチャージのキャンペーンページはこちら。

Amazonチャージ キャンペーンページを見てみる

コンビニ・ATM・ネットバンキング払いに対応

スポンサードリンク