【DELL U2720QM】ケーブル一本で映像出力と充電ができる27インチ4Kモニター

Mac mini、MacBook Air、Windowsの画面を映すための27インチ4Kモニターを探していたところ、「DELL U2720QM」を見つけました。

IMG_1807

MacBookとケーブル一本で接続するだけで充電と映像出力ができるのが他の4Kモニターと大きく違う特徴で、本当に便利です。

「U2720QM」の外観と特徴、使ってみてわかった注意点を紹介します。

 

関連記事

Mac miniはiMacやMacBookと違い、周辺機器を自分で揃える必要があります。逆に考えると、自分のお気に入り環境を構築しやすいということです。Mac miniに合わせて機能面にもデザイン面にもこだわって揃えた、おす[…]

 



 

スポンサードリンク

U2720QMの外観と機能、特徴を紹介

U2720QMの外観と特徴を写真を使って紹介していきます。

IMG_1363

 

スペックを表で簡単にまとめていますが、注目する特徴は後ほど詳しく書いていきます。

 

項目機能
ディスプレイサイズ27インチ(16:9)
解像度4K(3840 x 2160)
液晶パネルのタイプIPS液晶
コーディングアンチグレア
リフレッシュレート60Hz
明るさ(輝度)350 cd/m²(標準値)
コントラスト比1300:1(標準値)
応答速度8ms(標準モード)、5ms(高速モード)
ベゼルの太さ7.3mm(上、左、右)、9mm(下)
消費電力33W 〜 200W
映像入力HDM2.0、USB Type-C(DP1.4、USB3.0、電力供給PD90W)、ディスプレイポート1.4(DP)
USBポートUSB TYPE-A x 3(背面2、側面1)、USB TYPE-C x 1(側面1)
サウンド出力3.5mmイヤホンジャックのみ(スピーカー無し)
本体サイズ(スタンドありでの寸法)高さ;395.2mm 〜 524.2mm
横幅:611.3mm
奥行:185.0mm
本体重量(モニター+スタンド+ケーブル)6.6kg

 

 

モニターの下側に映像出力端子を接続

モニターとパソコンを繋ぐ、映像出力端子はモニター下部にあります。

IMG_1367

 

接続端子は左側から

  • HDMI
  • DP(ディスプレイポート)
  • USB-typeC/DisplayPort(90W給電)
  • 音声ライン出力
  • USB3.0 2カ所

USB-typeC/DisplayPort(90W給電)が一番の特徴で、MacBookに接続することでモニターへの映像出力とMacBookへの充電がケーブル一本でできちゃいます。

【DELL U2720QM】ケーブル一本で映像出力と充電ができる27インチ4Kモニター

 

映像出力しながら、しっかりと充電されているのが分かります。

【DELL U2720QM】ケーブル一本で映像出力と充電ができる27インチ4Kモニター

 

「U2720QM」の目玉機能で、ケーブルの数が減らせるので机の上がすっきりします。

よしじゅん
私が作業するときはMac miniに、嫁が作業するときはMacBook Airに接続して活用しています。

 

 

スポンサードリンク

発色の良いIPSパネルで、どの角度から見ても綺麗

「U2720QM」はIPSパネルを使用していて、発色がとても良くどの角度から見ても美しいモニターです。

IMG_1368

 

パネルの種類メリットデメリット値段
IPS視野角が広い、発色が良い値段が高い高い
VA黒色が綺麗応答速度が遅い中間
TN値段が安い、応答速度が速い発色がイマイチ安い

 

綺麗な映像を映したい人、写真や映像を編集するクリエイティブな人にピッタリな美しさです。

ゲーミングモニターとしても圧倒的に綺麗な画面で没頭するように楽しむことができます。

ただモニターのリフレッシュレートが60fpsなので、FPSなどの反応速度を求められるゲームにはちょっとイマイチです。

 

ベゼルがとても細く、画面が広く感じる

「U2720QM」のベゼルはとても細く、画面がとても広く感じられます。

太さは7mmで、パネルとフラットな形状です。

IMG_1389 2

 

下側のベゼルにDELLのロゴマークが表記されています。

IMG_1388 2

スポンサードリンク

スタンドはスライド可動タイプ

「U2720QM」のスタンドはスライド可動タイプで、かなり自由が利く設計です。

IMG_1366

 

モニターの高さはもちろん、画面のチルト(傾き)や左右への首振りにも対応しています。

IMG_1364

 

VESAマウントに対応しているのでモニターアームをつけることはできるのですが、ちょっと自由に動かすくらいならモニターアームは必要ありません。

モニターの足も平べったく、ちょっと物を置くにちょうど良い設計です。

IMG_1369

 

モニター横にUSB接続端子があるので何かと便利

「U2720QM」の左サイドにUSB接続端子があり、何かと便利です。

IMG_1365

 

マウスやキーボード、スマートフォンの充電をする時、わざわざMacやWindowsパソコンにケーブルを接続する必要がありません。

特にMac miniの場合、接続ポートが本体の裏側にあるのでケーブルを接続する時がちょっと面倒なんですよね。

よしじゅん
サクッと接続できるようになったのでこまめに充電するようになりました。

 

「U2720QM」の注意点

実際に「U2720QM」を使ってみてわかった、注意点を紹介します。

購入を検討している人はぜひチェックしてください。

 

モニター右下の設定ボタンが固くて押しにくい

モニターを横向きに置くと右下に設定ボタンがあるのですが、このボタンがむちゃくちゃ固くて押しにくいです。

IMG_1371

固すぎて指の肉部分では押すことができず、爪を立てて押し込む必要があります。

細かく設定するときは何回もボタンを押さなければならないので、手がとても痛くなります。

頻繁に設定を変更することはないと思うので、最初はかなり苦労すると思ってください。

 

電源ライトがピカピカ眩しい

設定ボタンの右側に電源ライトがあり、スリープ時には点滅します。

IMG_1372

ピカピカ光るわけではありませんが、結構眩しいのがイマイチですね。

寝室など、真っ暗にしたい部屋に置くには不向きです。

消すには毎回固いボタンを押さなければならず、スリープ時には光らないよう設定できたらよかったと感じます。

 

設定によっては画面スクロール時に白いチラつき(残像)が発生することがある

「U2720QM」は右下の設定ボタンから画面の応答速度を標準と高速に切り替えることができます。

IMG_1373

応答速度を高速にしている場合、画面を素早くスクロールしているときに白いチラつき(残像)が一瞬発生する時があります。

発生した直後には画面の表示が戻るので慣れてしまえば問題ないですが、私は一度気になってしまうとなかなか慣れませんでした。

FPSなどの応答速度が求められるゲームをするときは高速モードで、ブラウジングなどの普段使いは標準モードに切り替えるようにしてください。

 

画面を回転させるとき、台座とモニターの角がぶつかりやすい

「U2720QM」はフレキシブルに動き、縦置きでも使うことができます。

IMG_1391 2

ですがモニターを回転させるときはチルトを傾けた状態にしないと台座とモニターの角がぶつかってしまいます。

 

チルトを傾けずにモニターを回転させたとき、この角度で台座とぶつかりました。

IMG_1392 2

モニターの向きを変えるときは雑に回転させないよう注意してください。

 

スケーリングしないと見にくい

「U2720QM」は4K対応で、4K表示の解像度は3840×2160です。

IMG_1362

ただ27インチに4Kで表示させると文字の大きさがとても小さくなってしまい、正直読むことができません。

文字メインのブラウジングにはWQHD(2560×1440)が使いやすいのでおすすめです。

IMG_1361

動画を見るとき、ゲームをするときは4K表示の方が迫力があるので、使い分けるようにしましょう。

 

リフレッシュレートが60Hzなので、FPSをするのはイマイチ

ゲーミングパソコン

「U2720QM」のリフレッシュレートは60Hzで、IPSパネルを使っているモニターとしては一般的です。

リフレッシュレートは1秒間に何枚の映像を表示させるかを表したもの。多い方がより滑らかに見える。

 

動画鑑賞やブログ執筆、軽い作業をするには全く問題ありませんが、FPSや格闘ゲームなどの反応速度が大切なゲームをしようと思うとイマイチです。

逆に反応速度がいらないゲームをする場合、4Kの高解像度でプレイするゲームの没入感は最高です。

 

 

【U2720QM】と【U2720Q】型番の違いは販売場所と付属品だけ

DELLは「U2720Q」と「U2720QM」の型番の末尾が違うモデルを販売していますが、モニターの性能は全く同じです

違いは販売場所と付属している映像出力ケーブルの種類が違うだけです

型番販売場所モデル別で異なる付属品
U2720QDELL公式サイトDPケーブル(ディスプレイポート)
U2720QMAmazonHDMIケーブル

電源ケーブル、USB-Cケーブル(C-C)、USB-Cケーブル(C-A)はどちらのモデルにも付属しています。

公式サイトにあるPDFのユーザーマニュアルは共用です。

Amazonで購入する方が約10,000円ほど安いので、DPケーブルを追加して購入したとしてもお得です。

特にこだわりがなければ、Amazonで販売している「U2720QM」を購入するようにしましょう。

 

まとめ Macユーザーが27インチ4Kモニターを探しているなら「U2720QM」を買うべし

「U2720QM」は27インチ4Kモニターの中で、USB-typeC/DisplayPort(90W給電)ができる珍しいモニターです。

【DELL U2720QM】ケーブル一本で映像出力と充電ができる27インチ4Kモニター

MacBookを使っている人にとって、コード一本を接続するだけで画面出力と充電ができるのは本当に便利です。

 

MacBookを持っていない人にとっても、単純に映像入力端子が一つ増えたとして考えるのもアリです。

私のようにデバイスに囲まれていて、HDMIにはニンテンドースイッチ、ディスプレイポートにはWindows、USB-typeC/DisplayPortにはMac miniと使い分けるのもおすすめです。

「U2720QM」の特徴にピンと来た人はぜひ購入してみてください。

 

関連記事

Mac miniはiMacやMacBookと違い、周辺機器を自分で揃える必要があります。逆に考えると、自分のお気に入り環境を構築しやすいということです。Mac miniに合わせて機能面にもデザイン面にもこだわって揃えた、おす[…]

関連記事

これまで家でブログ記事を書くときはWindowsパソコンを使っていたよしじゅんです。通勤中はiPadでブログを書くのですが、エディタアプリの関係でMacを使った方が便利なので購入する必要が出てきました。以前購入したMacBo[…]

【Windowsパソコンとの共存】Mac miniと4Kモニターの組み合わせは最高
関連記事

どうも、よしじゅんです。今回はMac、Windowsのどちらにも対応しているメカニカルキーボード、「Keychron K2」を紹介します。これまでパソコン周りのデバイスにはそれなりにお金をかけていたのに、キーボードには全くお[…]

【Keychron K2 レビュー】Mac、Windows両対応のメカニカルキーボード
関連記事

Macのスペースグレイに合う自作外付けSSDを見つけました。NVMeのM.2SSDで転送速度も早く、軽くて持ち運びも便利です。なによりデスク周りをスペースグレイに合うカラーで統一している私にとって、最高の外付けSSDです。[…]

Macのスペースグレイに合う自作外付SSDを紹介(工具不要)
Amazonでお得に買い物をする裏ワザ

Amazonのポイントをさらにゲットする裏ワザを紹介します。

  1. 「チャージタイプのAmazonギフト券」を購入してチャージ
  2. チャージした後に買い物するだけ

Amazonアカウントに現金をチャージするたびに、チャージ金額×最大2.5%分のポイントが貰えるんです。

1回のチャージ額初回キャンペーンチャージ毎のポイント合計獲得ポイント
通常会員プライム会員通常会員プライム会員
5,000円~19,999円1,0000.5%1.0%1,0251,050
20,000円~39,999円1.0%1.5%1,2001,300
40,000円~89,999円1.5%2.0%1,6001,800
90,000円~2.0%2.5%2,8003,250
よしじゅん 驚き
よしじゅん
今だけ初回チャージで、1000ポイントが追加でもらえちゃいます!

チャージするだけで誰でも、何度でもポイントをもらうことができます!

使わないとただの損なので、ぜひ活用しましょう

公式 Amazonギフト券(チャージタイプ)はこちら

  • Amazonギフト券を購入してから買い物するとポイントがもらえる
  • ギフト券購入金額によって変動 最大2.5%のポイント

最大2.5%のポイントバック+1000円もらえる!

Amazonギフト券をチャージして1000円分のポイントをゲットする!

チャージして購入するだけ!
コンビニ・ATM・ネットバンキング払いに対応

スポンサードリンク
【DELL U2720QM】ケーブル一本で映像出力と充電ができる27インチ4Kモニター
Twitterで繋がりませんか?